2008年10月07日

クリスマスチキン

週末、テレビでパリ在住のフランス人が、
ウサギの肉の煮込みをつくり、
夕食に食べているのを見て、
骨付き肉が食べたくなりましたダッシュ(走り出すさま)

いつもみたいな 手羽ではなくて、
クリスマスに食べるみたいな、もも肉!!



テラッテラに光る、甘辛いタレの
オーブンで焼いたチキンもいいけど、
最近大活躍の、圧力鍋をつかってみました。
なので、たいしたレシピではありません。

recette

1.骨付きトリもも肉 1本
に塩コショウと つぶしたにんにくをすり込み、
(ワインがなかったので)酒大さじ3くらいと
黒コショウ、ローリエ1枚、ローズマリーと一緒に
ビニール袋にいれ、もみ、30分くらい置く。

2.圧力鍋に、玉ねぎのスライス、ニンジン、ジャガイモ、
石づきをとったえのきをたくさんを敷き、
水1カップと、1のトリ肉と
漬けダレを入れ、蓋をして強火にかける。

2008_1007骨付きチキン0006.JPG



3.湯気が出たら、弱火にして8分圧をかけ、20分くらい放置して、圧を抜く。

2008_1007骨付きチキン0009.JPG 圧が抜けた鍋の中です。



ちょっと塩気が足りなかったので、
フランスで買ってきた ハーブソルトをかけ、
粒マスタードをたっぷりつけて、


2008_1007骨付きチキン0010.JPG



Bon appétit♪

もー、圧力鍋にかなう機材はないのじゃか!
と思ってしまう程、のお肉が柔らかくて美味しかったるんるん


今夜はTBSで、
あなたが聴きたい 歌の4時間スペシャル
なんてのをやってて、見るともなくチャンネルを
そのままにしていましたが、
途中から、あまりに懐かしく、
涙してしまいましたたらーっ(汗)

自分が二十歳を超えた頃からの歌は、
その時々のいろんなことがあるはずなのに、
当時amiとドライブしながら唄ったり、
飲んだ時の思い出ばっかりで、
いろんな場面を思い出します。

先週、amiの同僚と久しぶりにビールしたので
余計です。

心の中でしか口にださないamiの名前や、
懐かしい笑い話を、たくさん耳にしたことは
もちろんだけど、
みんなそれぞれ、あの時とは
確実に環境が変化していることに、
amiの知らない世界が、
普通に存在してることに
わかっていたものの、軽いショックを受けました。

人から見れば、自分自身も、少しずつ、変わっているんだし、
これが、amiがいなくなってすぐ、
みんながluiに、教えてくれていた、
生きていくということなんだな〜なんて。


今流行のお笑い芸人達をみて
amiなら誰がお気に入りだったろーなー、
このネタは、絶対ami、
ひっくり返って笑ったろーなー、 
一緒に笑いたかったなー""8(^∇^8)(8^∇^)8""
なんて、ちょくちょく考えてますけどねハートたち(複数ハート)



 













この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。