2008年11月04日

La valise (スーツケース)

今年の春のフランス旅行で、
南仏からParisへ経つときに、
荷物を入れすぎ、鍵の金具が曲がり、
うまくかみ合わなくなってしまったスーツケース。

2008_1104すき焼き0015.JPG



なんとか カチャンと閉めるのに30分、
それをこじ開けるのに30分。

叩いたり、蹴っ飛ばしたり、
ドスンと乗っかったり、、、
体中に青あざをつくりながらの荷造りが 
帰国前夜の苦い思い出です。

最悪、せめて成田につくまで
機内で開かないようにと、
ガムテープのようなものでぐるぐる巻きにすることも考え、
夕暮れ時のParisの町、
スーパーMONOPRIX をはしごしたのも、
またいい思い出です。

色あいも形もとても気に入っていて愛着があるけど、
これを持って再び飛行機に乗る勇気はないし、
部屋での収納ケースに使って、また格闘するのはイヤだし、
泣く泣く捨てることとしました(T^T)


一緒の渡仏は たった3回だったけど、
この3回はluiにとって、
とっても意味深いものだったのよ、
Merci beaucoupぴかぴか(新しい)


posted by lui at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | le voyage(旅行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。