2006年11月19日

ボジョレー解禁

朝から寒くて 冷たい雨もたくさんふっています。。
今日は、半年に1度の「仏検」という、フランス語の
検定試験がありました。

パスしてしまおうと 思いつつ、
「前に進みなさい!」というmamanの声を思い出し、
午後、重い腰を上げ、試験会場へ向かいました。 

昨年、5級、4級と クリアしましたが、
今回受ける3級からは、マークシートの塗りつぶし以外に、
なんと、単語の記述があるのです。
これは、フランス語を 
「読めても、書けな、あかんexclamation
 文法理解してても、動詞の活用書けな、あかんexclamation×2
という、厳しいものです!!

期限ギリギリまで、受験を渋り、
先生に尻をたたかれ、願書を提出したものの、
暗記は全くはかどらず、
協会の思惑通り、、、

動詞活用のスペル、ダメでした、、、
聞こえてくる単語、書いてあれば、絶対読めるのに、
スペル、うる覚えのため、ダメでした、、、
あぁ情けない。。。

ちなみにこの「仏検」、受験資格に制限はありませんが、
3級合格の目安として、

標準学習時間 200時間以上
(大学で、第一外国語としての授業なら1年間、
 第二外国語として週2回なら 2年間の学習にそうとう)
財団法人フランス語教育振興協会)とあります。


luiがフランス語の勉強を始めて丸2年。
これまでのレッスン時間をざっと計算したところ、
約150時間。
今年の春から約4ヶ月間は、全く手をつけなかった
という、空白の時期もあります。
けれども、短時間で努力され、3級合格を果たした方のブログは
よく、目にします。
今後、少し自分にムチ打ち、来春に向け、力を貯えていこうと思います。


試験が夕方に終わり、デパ地下で
(試験前なので 一応がまんしていた)
ボジョレー・ヌーボと、お惣菜を買い込み、
部屋で、4日遅れの ボジョレー解禁(^.^)

DSCF3056.JPG

毎年全世界で、第3木曜日に解禁される
フランス ブルゴーニュの南に位置する、
ボージョレーで収穫される、
「ガメイ」というフルーティな 品種からできるワインです。

気をとりなおして、久しぶりに 
le mot du jour(今日の単語)
Beaujolais Nouveau ボジョレー・ヌーボー 
Beaujolais フランスのボジョレー地区
nouveau   新しい

時差の関係で(日本とフランスの時差は冬時間で8時間)
我が日本では、本場フランスよりも8時間も早く
飲むことができるのですバー
今年の出来は、いかがかしら♪

いくつか テイスティングをして、一番軽いものを選びました。

le plat du jour

ローストビーフサラダ
クラムチャウダー入りコロッケ 
ピザパン
イチジク入りバゲット          
そして〆 用に、、、
ゲソにぎり (最近飲んだ後、いじょーにお鮨が食べたくなる(;^∀^))

À votre santé!(乾杯!!)

DSCF3051.JPG

手作りは、1品もありませんが、今日は許してっm(__)m

ボージョレを半分空けたところで、眠くなってきました眠い(睡眠)
最近、弱くなったかしら(;^∀^)
それとも、食べすぎかしら(・_・)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。