2007年01月24日

真実

本日は、今年初、
会社 おさぼり いたしましたたらーっ(汗)

昨夜、仲のよい同僚4人で 飲みビール
そうとう楽しかったのですが、
すっかり遅くなり、
まんまと 寝坊してしまいました。。時計

遅刻して行こうかとも思いましたが、
めんどくせっ と休んでしまいました。

飲み会の翌日 休むのはご法度ですよね
J子ちゃん、O君、T君 ごめんよーあせあせ(飛び散る汗)


夜のフラ語レッスンまで
家でのんびり、読書をしていました。


[タイトル] 隠された証言―日航123便墜落事故
[著者] 藤田 日出男
[種類] 文庫
[発売日] 2006-07
[出版社] 新潮社



知人が、読み終わったあと、貸してくれた本です。
難しい 専門用語も 多々でてきますが、
一気に読んでしまいました。


この事故がニュースに流れた日のことは、
今でもよく 覚えています。
luiは中学生で、なにも予定のない夏休み、家にいました。
あつーい日で、当時実家には クーラーがまだついていなく、
もちろん テレビはリビングに1台しかありません。
母が 台所で夕食の支度をしていて、
私は 扇風機の前で あち---っと 夕方のニュース番組を
見ていました。


事故直後、墜落現場の情報が錯綜したのは なぜか。
事故発生16時間後、生存者の救出に、ヘリコプターが
2時間も こなかったこと。
運輸省が、情報公開法の施行に備え、
事故調査の資料を廃棄処分してしまったこと。
20年経った今でも、事故原因の真実が 明らかになっていないこと。
ありえない 事故原因を 調査委員会が報告書にまとめるのはなぜなのか。 

現実にこんなことが おこっているのだと、
改めて認識し、驚きました。
併せて、520人の犠牲者、及び遺族や、遺族とは呼ばれない遺族の方達を
想うにつけ、1日も早く、真実が明らかになることを
願うばかりです。


luiも いろいろな場面で、嘘をついたり、うやむやにすることがあります。

会社をさぼる時の 上司への電話。
イヤな 相手との飲み会を断る時。
資料提出が遅れてしまった時。
知り合った人に、メルアドを教えたくない時 etc。。。。

よくない行為は、最後には、全て、自分に返ってくるといいます。

日航123便墜落事故のことはもちろん、
いろいろなことを 考えさせらる、1冊でした。


posted by lui at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | le leavre(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。