2007年09月25日

chapeau de paille (麦ワラ帽子)

3連休の初日、フラ語学校が始まり、
帰りに 久しぶりに実家に寄ると、父の部屋に手招きされました。

大きな窓から庭を覗くと、
トムソーヤか、ハックルベリーがかぶっているような
麦ワラ帽子のようなものが。。
しかも、でかい(-_-)

2007_0922A0001.JPG

luiは、バラ栽培に関して全く無知ですが、
バラのほとんどの品種が感染する、
「黒点病」という病気があるそうです。

土の中の菌が、雨水などで下のほうの葉裏へ付着し、
菌が葉の組織に侵入していき、次々と上の葉に感染していくそうです。
そこで、土の跳ね上がりを防ぐために、「敷ワラ」をするらしいのです。

2007_0512rose0022.JPG

今年の5月、酷暑の始まりで、バラもだいぶ弱っていました


2007_0512rose0029.JPG



30種類のバラを育てている父が、役目の終わったワラを
積み上げ、ワラヅカ作りに挑戦したようです。
初めてなので、お手本のようにはいかなかったようですが(;^∀^)

「まー、しょーがないさ♪」
と、二人で晩酌が始まりましたビール

2007_0512rose0045.JPG
 luiの 顔ほどもあるバラも見事に咲きます



2007_0512rose0046.JPG イングリッシュ・ローズ 



P.S
3連休は、お酒が過ぎたようで、
petit voyageの写真が いまだupできませんたらーっ(汗)
posted by lui at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | la fleur(花) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。