2008年05月05日

藤祭りと合羽橋

今年のGWは お天気がいいはずだったのに、
曇り空が続いています。

昨日は、友人と亀戸天神の藤祭りへ
行ってきました。




JR錦糸町駅より、徒歩10分くらいですが、
途中で小雨がぱらついてきました。

亀戸天神へ行くのは初めてでしたが、
藤祭りの最中だけあって、
たくさんの人で混み合っていました。

2008_0505藤0012.JPG



今年は、暖かかったせいもあり、
藤は散り始めていましたが、
見事な 藤棚を、人の波にもまれつつも、
堪能してきました。

2008_0505藤0009.JPG



近くの蕎麦屋さんで、
昼食をとり、
二人で日本酒を1合だけのみ、
のんびりと 浅草へ向かいました。

GWの浅草は、行くもんじゃねー//
と 聞いてはいましたが、
すんごい人出で、浅草寺へのお参りもせず、
早々に連れのお目当て、合羽橋へ向かいました。


来月念願の自分のお店をオープンする
彼は、道具や食器の下見です。

luiは、昔パティシエを目指していたこともありますが、
元々、調理器具や、食器の陳列に行き当たると
ゾクゾクしてきて、入り浸ってしまうタチなので、
オープンしている店は 数少ないものの、
足が疲れてきた・・・と思う頃には、
2時間経っていました。

どこからか、元気のいい男性の声が聞こえてきます。
「詰め放題1000円!」
と 言う声につられ歩いていくと、
食器店の店頭に 食器が山盛りおいてあり、
お兄さんが
1000円と引き換えに渡される
ビニールの手提げ袋に
入るだけ 食器を詰めていいとのこと。

どれも、デザインがちょっと古かったり、
使うのに支障はないけど、
売り物にはできない 傷がついているようでした。

しかし luiの連れは、その横の、
「詰め放題3000円」
の山をあさっていました。

こちらは、お刺身盛や、サラダを盛り付けるような、
大振りなお皿が、大きなかご、3つに無造作に積み上げてあります。

その中から彼は、30センチ四方の 
正方形の黒いお皿を見つけ出し、

「先月来たときに チェックしていた!!」

と いきりたち、
早速お兄さんに3000円払って、袋をもらい、
その山から 同じお皿を11枚見つけ出し、
ほかに 色違い1枚、
竹を半分に切ったような半筒のお皿2枚、
ひし形のお皿2枚、
計16枚のお皿を getしたのでした。

しかし、2枚重ねのビニール袋では、
とても 持ち上げることもできず、
お兄さんが さすがにみかねて
二枚重ねの袋をもう一つ サービスしてくれました。

1つを彼のブル下げていた ズタ袋に押しこみ、
もう一つを luiのバックに入っていた、エコバックに入れ、
彼が抱えて歩くことになりました。

散策はもちろんそこで 終了となり、
電車に乗り帰ってきましたが、
一体、何キロあったんだろ、、、

2008_0505藤0015.JPG
道具街を見守る かっぱの河童太郎


posted by lui at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。